• HOME
  • 鉄人コーチブログ

ウインザー販売促進課の鉄人コーチのブログコーナーです。

2016年08月16日

さいたまライジングスター様にお邪魔いたしました。

皆様こんにちは

2016年5月22日㈰PMさいたまライジングスター様にお邪魔いたしました
お邪魔いたしましたスタッフは、大宮店 小松🌳、樋口🐴、今西🐣のウインザースタッフ3名でございます

ご挨拶終了後、ラケットを持っての準備運動を行いました
準備運動の内容としましては、ラケットのトップとテール(尾)を持って身体を動かす運動でございます

肩甲骨を意識しながら

お腹を伸ばすと同時にラケットを後ろへ(リラックス🔁伸ばす)

肩甲骨に対してラケットを並行に上下に動かしましょう

リラックス態勢から片方の肘を曲げ、そのままラケットを後ろへ(左右行いましょう)

リラックス態勢から左右の地面方向にラケットを移動させ脇腹をリズムよく動かしましょう

リラックス態勢から下半身はランジポジション、そこから後ろ脚を見るように捻っていきましょう(捻る・戻すの繰り返し)

脚を肩幅より少し広めに取り、ラケットを持ったまま上半身を倒します、その態勢から身体を捻りラケットをテニスシューズと並行にします
 右脚・左脚と移動させる事によりどの部分が伸びたり縮んだりするかを体感してみましょう

手首・足首を捻る・戻す

ジャンプ

準備運動終了後、ミニミニラリーを行っていただきました
白線の上に確率よく狙えていますか
どんな距離でも狙える事が大切です

この後、養生テープを貼った練習方法をお伝えしてまいりました
養生テープの絵心は午前中の講習会と同じで上下に半円2つ(ポケット2つ)のある絵がかかれております
テープの種類は異なりますがご了承ください(写真2枚目)

【貼り方】写真2枚目のように半円が左右になるようにラケットのある部分に貼りますよ\(^o^)/

投げる+打つ(ペアー練習)
障害物無しのラリー
ネット越しのラリー
ポケットにボールを入れるイメージでボールを打っていきました

🐣自身もコート内に入っていますので、お写真は数枚しかお撮りしておりません
ご了承ください
↘↙

つづきましてストローク練習の後・・・

【写真1枚目・2枚目・3枚目】
樋口コーチ🐴の秘密道具⇔打点確認練習
ヒント:「ヒグポン」〇〇申請中(笑)*\(^o^)/*私が命名
(遠目から写真をお撮り致しました)

フラット・スライス・スピンの練習も可能ですよ\(^o^)/
↘↙

つづきましては・・・

養生テープの貼る位置はそのままで(ある部分のまま)で下のポケットを利用してまいります

【写真1枚目】
ポケットにボールを入れる・出す・入れる・出す コロコロ!!コロコロ!!
心地よくスムーズにボールを操れるまで練習し続けてください*\(^o^)/*

【写真2枚目】
樋口コーチ🐴は皆様によりわかりやすく地面でコロコロ!!コロコロ!!

説明後、皆様にも行っていただきました 

そのコロコロ!!を活かしてボレー練習にトライしていただきます
↘↙

つづきましては・・・

【写真1枚目・2枚目】
ボレー&ボレーに見えますが、1トラップしてから相手に返球する練習を行いました
要するに2回ボールを打つだけです
2回打つだけなのですが奥が深い練習なのですよ*\(^o^)/*
ひ・み・つ

↘↙

つづきましては・・・

本日のまとめのボレー&ストローク
上のポケットを利用したり、下のポケットを利用したり、イメージ力を高めるために養生テープを外したり、また付けたりと、より皆様の打点が安定するようにサポート致しました
↘↙

つづきましては・・・

【写真1枚目】
最後はミーティング
テニス雑誌を見ながら打点についてお話ししております
内容はひ・み・つ

【写真2枚目】
樋口コーチ🐴のテニス学習ノートの1ページ部分を開きながら話してます

【写真3枚目】
樋口コーチ🐴の打点確認練習
テニス練習機 Ace Trainer【エーストレーナー】をご紹介
インパクトの位置で、ボールが先端にあたって音がするのが、正しいタイミングで振っている合図のようです
↘↙

【集合写真】
↘↙

皆様ありがとうございました
養生テープの練習方法は「コーチング動画」にも載ってますので、お時間ある際ご確認お願い致します
コート内で皆様とラリーコミュニケーションを行っておりましたのでお撮りしました写真の枚数は少ないですが、こちらのブログや動画を見て復習していただけたら幸いでございます 
また次回もよろしくお願い致します

小松(大宮店)
樋口 今西

🐣






5月24日(火)外苑前駅付近高等学院テニス部様にお邪魔いたしました🐻🐴🐣

お写真をお撮りしていない団体様でございます
ご訪問させていただき有難うございます
ブログを通じてお礼申し上げます