• HOME
  • ウインザーニュース

お知らせ、セール品、新製品、バドミントン情報、ソフトテニス情報などの新着情報お知らせいたします。

2019年06月13日

「初めてポリウレタンのマルチフィラメントを打ったときは感動でした。」テニスGEEK通信

-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------
 
テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
 
中居が担当いたします。
 
-------------------------------
「初めてポリウレタンのマルチフィラメントを打ったときは感動でした。」

1980年代後半にフランスのテクニファイバーから発売されたのですが、この頃はゴーセンのハイシープ(1.42mmのナイロンモノフィラメント)か、こだわりのある方でシープ(羊の腸でしたが、すぐに牛腸に変わりナチュラルガットと呼ぶようになりました)を使っていました。

マルチフィラメントはアッシャウェイくらいしかまだ無い時代に、ポリウレタンを浸透させたマルチフィラメントには驚かされました。

とにかく柔らかい打球感で、ボールが食いついている時間が長く感じました。

世界ナンバーワンだったモニカセレス氏がナチュラルガットではなくテクニファイバーのポリウレタンマルチフィラメントを80ポンド以上で張っていて、このストリングの性能の高さを広めるのに時間はかかりませんでした。
 
今回テストしたマルチフィラメントはそれ以来の感動でした。

ウイルソンから「#1000分の3秒を5秒にするプロジェクトの参画の依頼とともに、2つのストリングが同封されていました。

①プロトタイプ#1 

②プロトタイプ#3
 
ウイルソンはストリングマーケットの中で最もソフトなフィーリングを目指しているとのことです。

そのため、届いたパッケージにはマーケットで「最も柔らかいと言われる某モデル」に対抗すべくと記してありました。(あくまで推測ですが某モデルはテクニファイバーのTGVかバボラのエクセルあたりだと思います。)
商品化するにあたり絞り込まれた2タイプのストリングを、最後は外部の人にテストしてもらい一つに絞り込む方策のようです。

それが本当だとすると責任重大ですので、いい加減に試打するわけにはいきません。

そもそもストリングの試打は難しいのです。

同じ条件に設定しないと、どうしてもラケットの性能が前面に出てしまいストリングの微妙な違いが見えてきません。

同じラケットに同テンションで張り、じっくり打つことが必要です。

そこで、自分のラケット(スリクソンレヴォCS10.0)に、いつものテンションで2本張り上げました。

20時間(シングルス8時間、ダブルス12時間)くらい打ち、ナンバーワンは圧倒的大差でTYPE1に決定しました。

ストリングを試した印象は下記の画像のようなイメージです。

私が使用しているレヴォCS10.0は、フェース面積115平方インチで縦糸の長さが規定を超える40cm(デュアルブリッジが付いているのでルール上は問題ありません)もあり、ストリングのたわみを利用した設計のラケットで、ストリングの種類やテンションの影響を大きく受けます。
 
軽く打ってもよく飛ぶラケットをハードヒットしていますので、食いつき時間の長さやスピンのかかり具合で、エース級の凄いボールと思いっきりアウトボールが表裏一体なんです。
 
TYPE1とTYPE3を軽いラリーで試打した時は、まったく違いが分からず、ストリングの試打の難しさを感じていましたが、いざ試合が始まるとTYPE1では結果が良くTYPE3では負け続きでした。

TYPE1で打ったボールは、ベースライン付近でぐぐっと落ちたり、スライスのバウンド後に滑るのか相手が振り遅れることがありました。

一方TYPE3で打ったときは、決まったかなという軌道のボールがバックアウトすることが多かったように思えます。

同じように使ったのですが、使用後のストリングの乱れ具合はTYPE3の方が多く、TYPE1はヨレが少なく、スナップバックの戻りが良かったようです。
 
TYPE1が商品化された際には使ってみたいストリングであると断言できます。

「#1000分の3秒を5秒にする」プロジェクトの結果が楽しみです。

今回はストリングのテスター体験を取り上げてみました。

2019年06月07日

「ウイルソンクラッシュ98は、こんなラケット欲しかった!と思える逸品」テニスGEEK通信

-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------
 
テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
 
中居が担当いたします。
 
-------------------------------
「ウイルソンクラッシュ98は、こんなラケット欲しかった!と思える逸品」
 
膝の怪我(打撲)もだいぶ癒えてきましたので、6月からシングルスを再開しました。
ダブルスばかりプレーしていると、リターンやベースラインからのストロークを強く打つことが癖になります。

「何言ってんの!?逆でしょ?」と仰る方もいると思いますが、私の場合は、ダブルスは強打でシングルスはゆっくりスローボールなのです。
 
ダブルスの場合前衛がいますので、ポーチされないようにクロスに強打とストレートアタックの強打なのです。
かたやシングルスはミスをしないようにゆっくりと深いボールを打つことを心がけています。


ベテランシングルスは、エースはほとんど無くどちらかのミスを引き出した方がポイントを奪うのです。
そのようなベテランシングルスの戦い方を参考にさせていただいたのが、テニスライズ代表の河合氏です。

河合氏とは、彼がテニスコーチになる前からの知り合いで過去100戦以上対戦していますが、一度も勝ったことがありません。
今回8年ぶりにシングルスの試合を行いました。河合氏は実は8年前に足を複雑骨折しており、以前のように試合に出るのは無理なのではと思われていました。
それから奇跡的に回復し、今年からベテラン大会に復帰したとのことです。

当時の怪我があったこともあり、サービスはスピードを落としてファーストを確実に入れてくる、ストロークはフォアハンドはスピンで確実に入れてくる、バックハンドはすべてスライス。
 
一進一退で5-5になり、河合氏のサービスゲームです。
ここでギアを入れたのかワイドにサービスエースがきました。
 
5-6になり私のサービスで、積極的ににアプーチを打ちネットに出ました。すると河合氏からバックハンドでキレッキレのパッシングをされました。
5-7でファーストセットを落としましたが、河合氏は50%くらいの体力消耗に対し、私は100%全開でしたのでセカンドセットでは2-6とあっけなく取られてしまいました。
 
試合後、河合氏に聞いてみました。

私「昔みたいにガンガン打ってこないけど、足の具合はいかがですか。」
河合氏「足はもう大丈夫です。ベテランの試合は打っても返ってくるから、深いボールでミスなく粘ることだね。」
私「確かに、スライスは深く入ってきてやりづらかったですね。」

ここぞの場面のために体力を温存しているようでした。私も次からは、この戦略をやってみたいと思います。

大好評のウイルソンクラッシュに、クラッシュ98、クラッシュ100L、クラッシュ108の3モデルが追加になるので、早速打ってみました。

クラッシュの卓越したしなりは、フェース面が小さめでフレーム厚が薄めのラケットと相性が良さそうだということを常々思っていましたが、、、ついに出ました。
クラッシュ100ツアーとクラッシュ98はウエイト、バランスがまったく同じ、310g、306mmですが、打球感がまるで違いました。
 
クラッシュ100ツアーはしなるのに、あまり柔らかさを感じませんでした。

それはなぜなのか、クラッシュ98を打ってやっとわかりました。

言葉として表現するのは難しいですが、表現でするならば、[しっとりしている]か[カラッとしているか]の違いと感じました。

■クラッシュ98は、中身が詰まった感覚があり、しなりと相まって、ひと昔前のラケットの打球感に感じました。

古いと言うわけではなく、安心感があり、自分の思っている範囲内でボールが飛んでいってくれます。

手に伝わる柔らかさがイメージ通りで心地良い打球感です。

■クラッシュ100ツアーは、中空系の打球感でありながらしなりの大きいラケットで、慣れないと力の入れ具合が難しいところがあります。

錦織圭選手も動画で「ポーンと飛んでいく、タイミングが合わないくらい柔らかい」というような内容を語っていました。
今まで数多くのラケットを打ってきた中で、見た目である程度どんなラケットかイメージすることがあります。
クラッシュ100ツアーはいい意味で裏切られます。クラッシュ98は、イメージした通りの弾道で飛んでくれます。
 
ボールを押すように打つベテランプレーヤーには是非打ってもらいたいラケットです。
 

■クラッシュ100は、フェース100平方インチ、フレーム厚24mm、ウエイト295g、バランス310mmのクラッシュシリーズ5アイテムのど真ん中のモデル。

男女、プレーレベル、プレースタイルを問わないユーティリティモデル。迷ったらこちらのモデルです。

■クラッシュ100Lは、是非女性に使っていただきたいラケットです。

280gですのでまさに女性の平均的ウエイトで、しなることでスイングスピードが速くない方でも、コントロールがつけやすくスピンをかけるのが苦手な方でも自然とかかってしまいます。
 

クラッシュ108の特徴はバランスが335mmということで、クラッシュ100Lは、同じ280gで315mmですから、20mmも違います。
その20mmの違いはストロークやサービスのパワーとなって現れます。
 
クラッシュシリーズ最大の特徴はしなりですが、しなりによりパワーを奪われるのも事実です。

そこでクラッシュ108は、トップヘビーバランスと0.25インチロングでパワーアップしているのでしょう。
一見ダブルス向きかと思いますが、ストロークの安定感からベテランのシングルスにも良い結果が出そうな気がします。

2019年05月23日

「ラケット選びはスイングウエイトが大事です。もっと大事なのは自分の感覚です。」テニスGEEK通信

-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------
 
テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
 
中居が担当いたします。
 
-------------------------------

「ラケット選びはスイングウエイトが大事です。もっと大事なのは自分の感覚です。」
 
皆様は、ラケットを選ぶときに何を意識して選んでいますか。

ウエイト、バランス、スイングウエイト、グリップ形状、塗装の仕上げetc。

もちろん気にしないという方もいらっしゃると思いますが、グリップを握ってみたり、軽く振ってみると1本1本違うことが分かると思います。

始めに申し上げますが、自分の感覚が一番大事です。

人間の持っている感覚はどんな精密機械よりも敏感で正確です。

グリップを握って振ってみるだけで、

グリップの太い細い、グリップの八角系の形状の違い、重い軽い、トップヘビー、トップライト、もしかしたら空気抵抗もわかるかもしれません。

スイングした時の音の違いもわかるかもしれません。

人間は五感を使って総合的に判断できるのです。

ですが、直感で選べなかった場合に悩み出すことがあります。

この時はウエイト(静止重量)、バランス、スイングウエイト(動的重量)を計測してみましょう。

ラケットに刻印されているウエイト、バランス(プリンスはスイングウエイトも刻印されています)はあくまでも平均を記載しており、プラスマイナス5くらいの誤差があることを認識いただければと思います。

ウエイトはボールの威力に直結する非常に重要なファクターです。

スイングスピードが一定ならば重たければ重たいほど威力が出ます。

相手のボールの威力を利用してコンパクトに振るプレーヤーは重い方が良く、

相手のボールに関係なく自分自身のスイングを速くして打つプレーヤーは、重た過ぎない方が良いということになります。
 
引退した伊達公子氏のラケットが数量限定で発売されましたが、なんとウエイトは355gでした。

バランス302mmから予想できるスイングウエイトは320前後でしょうか。

伊達公子氏の打ち方は、相手のボールの威力を利用して小さなテイクバックからライジングで打つ打法でした。

スイングを速くすることよりも、ラケットの重量で威力を出す選手と感じました。

2017年9月12日(火)東レPPO 伊達公子氏引退試合当時

2017年9月12日(火)東レPPO 伊達公子氏引退試合当時

実際には、人間のスイングスピードは一定ではなく、ショットによって異なりますし、前半のプレーと後半のプレーでも変わっていきます。

ちなみに「ウエイト×スイングスピードの二乗」にボールの威力は比例していきますので、

スイングスピードに影響を与えるほど重たくしてしまっては元も子もありません。


気持ちよく振れるギリギリ重たいものがベストウエイトになります。

私は現在255gのラケットを使っていますが、それまでに使っていた285gより、サービスが10km速くなりました。

これはラケットを軽くしたことによりスイングスピードが速くなったためです。
 
ラケット選びで重要な要素は

スイングウエイト > ウエイト > バランス

になります。


テニスのスイングはほとんどがグリップを支点に動いています。

静止重量(ウエイト)より動的重量(スイングウエイト)が重要なのです。

先日オーストラリア在住のSさん(日本人女性)がラケットを2本持って来店されました。

調子の良い1本は折れてしまっていて、同じラケットを使っているのですが、残りの1本はなぜか調子が良くなく、

「きっとスイングウエイトが異なるのでは?


と、わざわざ日本に持参したのでした。
 
オーストラリアではスイングウエイトを測る機械を見たことが無いそうです。

計測の結果は、ウエイトはほぼ同じでしたが、スイングウエイトが10以上違っていてまるで別物でした。

折れている方に近いスペックをスイングウエイト重視で計量し、見つけたときは大喜びでした。


スイングウエイトは280~290が平均的で、290以上は体力のあるプレーヤーに向いています。

280以下は操作性重視のプレーヤーに向いています。


また、2本同じラケットを揃える時は、なるべく近いスイングウエイトを選びましょう。

下記の画像は、スイングウエイト、ウエイト、バランスを計測できる機器です。
※ウインザーラケットショップ各店に常設しております。

もし、ご来店時に近いスペックが見つからなかった時は、

ウインザー11店舗の在庫の中から探すことも可能ですので、ご遠慮なくお声をお掛けください。


あなたは現在使っている自分のラケットのスペックをご存知ですか。

ガットが無い状態でお持ちいただければ、簡単に計測することができます。

張り替え時に計測することもできますので、是非ご用命ください。

2019年05月16日

「【月一企画】ショット別にラケットを考える第五回『スマッシュ』」テニスGEEK通信

-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは
テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------
 
テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
 
中居が担当いたします。
 
-------------------------------
「【月一企画】ショット別にラケットを考える第五回『スマッシュ』」
 
今回はスマッシュ、グランドスマッシュ、ドライブボレーについて考えていこうと思います。

アマチュアのダブルスはロブを打つシーンをよく見かけます。なぜかと言うと、スマッシュをきっちり決める人が少なく、まずは高いロブを上げておけば、ミスをしてくれるか、返ってきても対応できるレベルのスマッシュが多いのが理由と考えます。
 
では、なぜスマッシュをきっちり決められないのでしょうか。

スマッシュの練習量の少なさもありますが、グリップの握り方に問題があると思います。

基本のグリップはコンチネンタルですが、セミウエスタンくらいの厚いグリップで握っている方をよく見かけます。

コンチネンタルはサービスと同じグリップですので、まずはサービスの練習をしましょう。

私もよくやるのですが、コースを鋭角に狙いすぎてサイドアウトしてしまうことがあります。

まずはセンターにしっかり打つことからスタートしましょう。

次にグランドスマッシュですが、浅ければ打ちやすいショットですが、深く入ったときは途端に難しくなります。

フラットで強く打つとバックアウトすることが多くなりますので、スライス回転で深く打つことを心がけるのが良いと思います。

相手の動きを見る余裕があれば、オープンコートにエースを狙うのも良いと思います。

スマッシュもグランドスマッシュも高い打点だからこそ可能になるショットですが、肩から頭くらいの高さの場合はスマッシュができません。
ハイボレーをしても、相手のボールが遅い場合は決めきれないことがあります。

以前シングルスの大会ですべて緩い中ロブを打ってくる選手に対して、0-6で負けたことがあります。

中ロブをグランドストロークでエースを狙うのは大変難しく、結局私のミスで負けてしまいました。

この敗戦が悔しくて、練習したのがドライブボレーでした。

中ロブをダイレクトでボレーしても相手は足が速く取られてしまいます。
 
決めるためには、ドライブボレーしかないと考えました。

練習したことが無いショットだったので始めの方はネットばかりでしたが、中途半端に入れようとするより、思い切って叩く方が決まることがわかってからは、試合でも使えるようになっていきました。

個人的に考えるコツは、早めにフォアハンドストロークの時のセミウエスタンにグリップチェンジし、下方向に打たずに上に持ち上げるように打つことです。
それでは以上を踏まえて、スマッシュが打ちやすいラケットを考察してみました。

アマチュアの方のスマッシュミスの多くは、実はネットするミスです。

上から下に叩きつける動作が入るとネットミスになります。

そこで、バランスがトップヘビーのものはヘッドが被りやすくなるので除外します。

また、重量の重たいものも振り遅れにつながるので除外します。

ウエイトが280g-285gでバランス320mmのものと、

ウエイトが300g前後でバランス315mm以下のトップライトのものをチョイスしました。
 
【ヘッドグラフィン360ラジカルS ウエイト280g、バランス320mm】

柔らかい打球感で操作性が良く、スマッシュのみならず、ボレーのフィーリングも良くダブルス向き。また、食いつきが良いのでドライブボレーにもチャレンジしやすいラケットです。

*****************
>>>>>オンラインショップページはこちらへ
*****************
【バボラピュアドライブチーム ウエイト285g、バランス320mm】

言わずと知れたピュアドライブの15g軽量タイプ。ピュアドライブだとパワーが出過ぎてしまう方には丁度いい塩梅です。

*****************
>>>>>オンラインショップページはこちらへ
*****************
【ウイルソンクラッシュ100 ウエイト295g、バランス310mm】

しなるけれどねじれないラケット。バランス310mmと抜群の操作性能の良さが光ります。グランドスマッシュはスライスをかけないと、バックアウトしやすいので要注意です。

*****************
>>>>>オンラインショップページはこちらへ
*****************
スマッシュが得意になると、ロブが上がるのが待ち遠しくなります。

「お願い」から「任せろ」に変わりますよ。
  • 店舗 受取りサービス
  • 鉄人コーチ コーチング動画
  • WOWOW ポイント
  • 免税
  • メーカーカタログページ
  • バドミントン
  • ソフトテニス
  • メールマガジン
  • シューフィッター
  • ウインザー女子テニスチーム
  • チームオーダーカタログ
  • これからテニスを始める皆様へ
  • ウインザーオリジナルグッズ
  • ウインザーとは
  • メーカーリンク

ONLINE SHOP