秋冬ウエア ファイナルセール開催中(2/14迄)オンラインショップ(自社のみ・要ログイン)及び実店舗でセールウエアが更に10%OFF 

新着記事
ブログTOPページは「こちら」
 
本日12/1クリアランスセールStart☆★【バボラ】【ディアドラ】
2020/12/01
みなさん、こんにちは!
新宿店の槙本です(*^_^*)
みなさんお待ちかねのクリアランスセールが各メーカー開始し始めました!
本日から【バボラ】【ディアドラ】がスタートですヽ(^o^)丿

その他にもプリンス、 一部でアディダス、エレッセ、ルコック、ナイキ まだセールが開始されていないメーカーも随時クリアランスセール開始予定です! 人気商品は在庫が品薄ですので、お早めに…(^_-)-☆ 新宿店 槙本
★シューズ★ディアドラがセール価格に♪【本日スタート】
2020/12/01
鍋島です!

本日はセール開始のお知らせ!!

ディアドラのシューズが全品番お買い得になりました!
在庫がなくなり次第終了なのでお早目に…(すでに残り僅かのサイズも…)


 
◎オールコート用 スピードブルーシールドフライ2+ / スピードコンペティション5+


◎オムニクレー用 スピードスターKデュラテック / スピードコンペティション5+
 
若干数ですが以前のカラーがのこっているサイズもあります
シューズスタッフにご相談ください

ぜひ店頭でお試しください♪
年内の打ち納めは新しいシューズでいきましょう!
お待ちしております。
★秋冬ウエアクリアランス速報★
2020/12/01
みなさま、こんにちは。
12月に突入、今年も残りあと僅かですね。無事に1年を終えたいところです☆彡
ウエアコーナーでは次々と各メーカー、秋冬クリアランス(一部商品除く)が始まっていますが・・・
本日12月1日(火)スタートなのは ⇒ セントクリストファーディアドラバボラ
セントクリストファー ↓

ディアドラ ↓

バボラ ↓

 
どちらのコーナーにも、この先さむ~い冬を乗り切るアイテムや、オールシーズン着用可能なシャツ・ショーツ・スコートなど、トータルコーディネート出来るウエアを取り揃えています☆
セール品ですので、数に限りがございます。ぜひお早めにチェックしてくださいね☆
お電話でのお問い合わせ、お取り置きも承ります。

横浜店 橘

【横浜店・秋冬ウエアクリアランスセール実施中ブランド(一部商品対象ブランドを含む)】
アディダス・エレッセ・セントクリストファー・ディアドラ・ナイキ・パラディーゾ・フィラ・プリンス
ルコック



 
★秋冬・新着ウェア ディアドラ★
2020/09/30
みなさま、こんにちは。 今回ウェアコーナーからご紹介するのは、前回入荷してきたシャツ、ショーツ、スコートなどに 組み合わせてコーディネート出来るジャケット・ロングパンツなど入荷の ディアドラ  ↓ 中でもおススメアイテム(まずはメンズ)は、こちら  ↓ *ロゴフーディジャケット DTP0183 ¥8,580(税込)  圧縮ニット素材を使用した、ストレッチのきいたジャケット。  合わせのロングパンツも入荷しています☆ 続いて同素材アイテムのレディースアイテムも、おススメです♪♪ ↓ *ロゴフーディジャケット DTP0192 ¥8,580(税込)  合わせのロングパンツも入荷しています☆ そして、この先の防寒対策アイテムになるこちらも◎ *フリース(もこもこ)ジャケット DTP0193 ¥9,680(税込)  ボア素材と同色スター柄との組み合わせがアクセントになっています。 それぞれキャップやサンバイザー、ソックス、リストバンドなどとトータルで コーディネート出来るコーナー展開になっています。 ご来店の際はぜひチェックしてみて下さいね☆ 横浜店 橘
ディアドラNEWテニスシューズ
2020/09/25
皆さん!こんにちはー! 池袋店 金子です! 今回はディアドラNEWテニスシューズのご紹介です!
スピードコンペティション5+AG/SG
オールコートモデル オムニ・クレーモデル
ウインザー価格¥12,320円(税込)
特徴 スピードコンペティション5+ 軽量性と耐久性を兼ね備えた fore foot 設計モデル。スピードを求める部活生をターゲットに開発された speed competitionは多くのプレーヤーから支持される名品。 フットワーク時、プレーヤーの力をダイレクトにコートに伝えるため、地面に近い設定を行い、アグレッシブかつ使用頻度の高いプレーヤーに向け耐久性に優れたアッパーを採用。また、切り返しの際に体重がかかる外側に樹脂補強を施し安定性が向上、さらに素早い動きへの対応が可能になりました。 スピードブルーシールドFIy2+AG オールコートモデル 軽量モデル ウインザー価格¥13,200円(税込) 特徴 スピードブルーシールドフライ2+ diadoraの革新的テクノロジー " blushield " を搭載し、1.5ピースのアウトソール形状により軽量性と安定性を両立。 Blushield technologyををフォアフットエリアに搭載する事で、プレー中最もプレッシャーがかかる箇所において素早く衝撃を吸収し、軸を安定させ、同時に異次元の反発性を生み出します。 ライニング素材にアンチスリップ構造を採用し、シューズ内部のグリップ性とフィッティングも向上。360°足を包み込むワンピースタンが抜群のフィッティングを生み出します。 是非ご来店した時はシューズをご覧になってください! 皆様のご来店を心よりお待ちしております。
NEW ディアドラ シューズ入荷
2020/09/24
みなさんこんにちは ディアドラシューズ新色入荷いたしました! Speed Competitioon 5+ ウインザー価格 ¥12,320(税込み) 写真左:メンズオールコート 右:レディースオールコート Speed blushield fly 2+ ウインザー価格 ¥13,200(税込み) 写真左:メンズオールコート 右:レディースオールコート Speed Competitioon 5+ ウインザー価格 ¥12,320(税込み) 写真左:メンズオムニクレーコート 右:レディースオムニクレーコート Speed star duratech2+ ウインザー価格 ¥13,200(税込み) 男女兼用/オールコート・オムニクレーコートともに同色です。 渋谷店にてお待ちしております(#^^#)
『シューズマイスター 笠原』 おすすめの一押しシューズ!
2020/07/03
みなさま、こんにちは。
シューズ マイスタースタッフ 笠原です。渋谷店に在籍しています。
今回は一押しのシューズ第1弾ということで、最近人気急上昇中のシューズブランドをご紹介したいと思います。
70-90年代に一世を風靡した名プレイヤー達が着用していたそのブランドは、


そう、diadoraです!
70年代はビヨン・ボルグ、90年代前半はボリス・ベッカー、ジム・クーリエ、後半にはブラジル出身のヘアスタイルが印象的なグスタボ・クエルテン、私と同じ世代の方々はまだまだ記憶に残っているのではないでしょうか。


1991年に発売し、まだ学生だった私が憧れていたのが〈rebound ace〉。
ビビットカラーを取り入れデザイン性にも富んだdiadoraのシューズはまさに大人のシューズとして人気を博していました。
現在はスニーカーとしても販売しているこのシューズですが、当時は手の届くようなものではなく生唾を飲んだことを覚えています。


しかし!皆様はご存じでしょうか。
実はこのシューズの後継となるモデルが〈speed star k duratech〉です!
他メーカー含め、唯一天然皮革を使用しているシューズとして、店頭では多くの皆様にご紹介をしています。
このシューズは天然皮革の中でも高級なカンガルーレザーを使用しています。
カンガルーレザーは牛革と比較して薄くて軽い・かつ強度も高いのが特徴です。
そのことからも、サッカーのスパイクや野球のグローブなどに重用されており、これらの用具はどちらの競技にとっても欠かせないものですが、テニスにとってもシューズはラケットなどと同じ位、重要なものなんです!
だからこそこのカンガルーレザーのシューズは、一度是非着用していただきたい一足です。
私自身も実際に愛用していますが、特に天然皮革の良さが目立っているのが、つま先部分の屈曲ポイントが非常に柔らかく、はじめの一歩が俊敏に、細いステップ、前後の動作が非常にしやすく感じました。
足馴染みも合皮に比べよく、足を入れた瞬間に、既に何回か使用しているぐらいの柔さでした。



さらにこの画像にある白をベースとしたカラーは「国内限定200足」というプレミアシューズ!

ウインザーでは渋谷店でしか手に入らない貴重なモデルです。
【GEEK通信】「アディダス バリケード2018 と ディアドラ スピードコンペティションⅣ を体験!」
2018/04/19
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
中居が担当いたします。
-------------------------------
「アディダス バリケード2018 と ディアドラ スピードコンペティションⅣ を体験!」
今回は、シューズについて取り上げます。
【アディダス バリケード2018 OC】【ディアドラ スピードコンペティションⅣ OC】をオムニコートで使用しました。 2000年にアディバリケードが発売され、バリケード1~8までと、バリケード2015、バリケード2016、バリケード2017、そして今回のバリケード2018で12代目になります。 だいぶ前の話になりますが、イワンレンドル氏が活躍した1980年代に発売されたレンドルコンペティションは衝撃でした。
それまでのテニスシューズは今で言うスニーカーのような形が多かったのですが、レンドルコンペティションは「安定性」「頑丈」で、テニスシューズはここまで足と一体化できるのかとびっくりしました。
メッシュアッパーで約2万円で、すぐに購入して履いていました。
その後バリケード1が発売され、バリケード1からバリケード5まで履き続けていました。
今回は、バリケードと対照的なモデルで、軽量、柔らかい、クッション性良しのディアドラのスピードコンペティションⅣも用意しました。 ダブルスのゲーム形式で交互に履き替えながらプレーをしてみました。
まずは、スピードコンペティションⅣから履いてみたのですが、つま先がかなり上を向いているので、体重がつま先にかかり、自然と前傾姿勢になります。
一歩目の始動がスムーズで、ポーチに出やすかったり、短いボールの処理がしやすく感じました。
シューズが軽いのと、かかとのホールド感の良さで全方向への動きがスムーズでした。
このシューズのキャッチフレーズに「360度行きたい方向に素早くフットワークすることが可能」とありますが、履いてみて納得しました。
横も後ろも、動き出す時は必ず体を反転させ、つま先から行きたい方向へスタートするので、前方向に体重をかけやすいコンペティションⅣは素早くフットワークできるのです。
足に対してストレスがほとんどなく、何時間履いていても痛くならなかったです。 バリケードに履き替えてみると、機密性の高さから足とシューズの一体感が生まれ、まったく重さは感じませんでした。
足入れした瞬間、「あれっ、気持ちいいぞ」と言葉を発してしまいました。
かかとから土踏まずはしっかりした作りで、前足部はソフトな感触です。
バリケードは、シューズ自体が強靭なバネのような構造になっており、強く踏みつけるとシューズの前足部が屈曲し、シューズが元に戻ろうとする力を、反発力に変えています。 そして、バリケードシャーシと呼ばれる中足部のプラスチックが特徴的です。 私は、ガニ股で自然と外側に体重が行きがちですが、バリケードシャーシのお陰で、外側からサポートされて常に内側に体重がかかり、母指球から土踏まず辺りに力が入るように感じました。
プレーをしていて気がついたのが、抜かれそうになった頭上のボールにジャンプしたのですが、いつもより確実に高く飛べてました。
元々踏み込んだ後の跳ね返りが強いシューズですが、母指球に力が入り、より良いジャンプができたようです。
また、サイドに振られステップした後にガッチリ地面をグリップし、センターに戻る動きに素早さを感じました。
--------------------------
今回試した2足は、対照的なモデルでしたが、それぞれに良いところがあります。
【アディダスのバリケード2018】は、脚力のある競技者向きで、特にシングルスのストロークの動きには安心感が持てるシューズに仕上がっています。
【ディアドラのスピードコンペティションⅣ】は軽快な動きが必要なダブルスで性能を発揮できるシューズではないでしょうか。
機能性はどちらも大満足でした。どちらもオススメできるシューズです。 皆さんもぜひ試してみてください。