オンラインショップでは3,980円以上ご購入で「送料無料」です。

新着記事
ブログTOPページは「こちら」
 
【GEEK通信】「試合数の多い、大会を勝ち抜く為に必要なサプリメントはこれだ!」
2017/09/28
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている、
Nが担当いたします。
4回目のテーマ『ラケット』ではなく、自分をとてもサポートしてくれるアイテムの話です。
先日、N市の市民大会に大学のテニスサークルの20歳以上年下の、後輩H君と組んでのダブルスに出場しました。
偶然にもH君は池袋店スタッフ 北田の1学年上の知り合いでした。
H君とは数回テニスをしたことがありますが、試合に出るのは今回が初めてです。
初めて試合に出るので、作戦会議を行いました。
ファーストサーブの時だけワイド(W)か、センター(C)かの確認をし、ポーチは積極的に出ていくなどという方向性を確認し、いざ試合に!
1回戦は30代の初中級のペアで、相手の家族の応援がほのぼのとしていてやりにくさもありましたが 6-0で勝利しました。 2回戦は第8シードのベテランペア。 3-3まで競りましたが、6-3で勝利しました。
3回戦は6-2、4回戦は6-0と段々と戦術が功を奏してきました。
H君の強打で浮いてきたところをボレーで決めるパターンと、自分のロブのリターンから返ってきたところをH君のスマッシュ、ストレートを抜かれてもOKからの安心感で思い切りよくポーチなどが炸裂しました。
次はベスト4決めで第1シードとの対戦だったのですが、次回に順延になりました。
今回、4試合戦った後にH君に「もう一試合やりたかったね」と言うくらい、気力、体力が充実していました。
その訳は、【凌駕スマッシュウォーター】と【ピンクイオン】の摂取のおかげです。 凌駕スマッシュウォーター ピンクイオン(ペットタイプ)
テニスの大会を勝ち上がるのに必要な『気力』、『体力』の内、『体力』に関して色々なものを試してきました。
元々、1日3試合以上やると起こる、足のけいれんに悩んでました。
試行錯誤を繰り返し、行き着いたのは、【エネルギー】【水分】【塩分ミネラル】を試合中に摂取することです。
【エネルギー】は吸収の早いゼリー系のものがいいのですが、バナナでも大丈夫です。
【水分】はただの水ではダメです。
市販のスポーツドリンクは、アイソトニック飲料と言い、平常時の状態で体に浸透する濃度になっています。病気の時などにも適していますが、運動中には濃いのがややネックです。
運動中にはハイポトニック飲料がおすすめです!陸上をやっている人は良く飲んでいるそうです。
今回紹介する【凌駕スマッシュウォーター】は、さらにその上を行くドリンクです。 10袋入り ¥2,160(税込) お試し 2袋入り ¥540(税込)
人間の体の7割が水分で出来ているのはご存知かと思いますが、その内の《4割》が細胞内にあり、《3割》が細胞外にあるのです。
通常、運動時に飲む水分は細胞外の3割の部分に吸収され、汗となって排出されます。
10リットル入るやかんに3リットル入れて火にかけると、10リットル満タンのやかんに比べ、すぐ沸騰して水蒸気になって蒸発してしまうのはイメージ出来るかと思います。
なので細胞内にある水分をどう蓄えておくかが重要なポイントなのです。
ですが、細胞内に水分を取り込むには、食事でとる栄養素などが必要で時間がかかります。
そこで、【グリセリン】の登場です。グリセリンは細胞内に入る鍵を持っているのです。
凌駕スマッシュウォーターはこのグリセリンの入った飲料です。
グリセリンローディングと言って海外の陸上競技の研究から生まれた最新の水分補給方法なのです。
フルマラソンやウルトラマラソンに出場される方は、前日から少しずつ飲むことで体の隅々まで、水分を蓄えます。
テニスの場合は数時間前から飲むことで、細胞内に十分に蓄えられます。
スマッシュウォーターのいいところはもう一つあります。
自分の好きな濃度で飲める点です。
スマッシュウォーターは、1包を500ミリリットルから1,000ミリリットルの間で飲み易い量に変えていいのです。
私はシングルスの時には、500ミリリットルに1包で、ダブルスのに時は1,000ミリリットルに1包にの割合で飲んでいます。 そして【塩分ミネラル】です。足のけいれん予防には、塩分ミネラルが不可欠です。
色々なサプリメントや漢方薬など試しましたが、私個人としてはピンクイオンが一番適していました。
ピンクイオンの出会いは親交のある佐藤博康プロから紹介されたことからでした。
今も44歳で現役を続けている佐藤プロは体に対して非常にケアされていました。
私も試してみたところ、3試合、4試合しても足のけいれんが起きなくなりました。
そもそもけいれんが起きる理由は、汗と共に塩分ミネラルが一緒に排出してしまい、脳から筋肉に送る信号伝達に異常か生じるからと言われています。
ピンクイオンに使われている塩は、沖縄の海水から作られる【ぬちまーす】と言うミネラルを豊富に含んだ塩です。
ぬちまーすは、「常温瞬間空中結晶製塩法」と言う特許製法で作られます。
通常の製塩法だと海水に含まれるミネラルが、抜け落ちてしまうのですが、この製法だと20種類以上のミネラル(ギネスブックに登録されたこともあります)が含有されたままの塩ができるのです。
さらにピンクイオンのいいところは、ブロックタイプがあることです。
ラムネみたいなお菓子感覚で、チェンジコートの時に摂れるのです。 【エネルギーゼリー】【スマッシュウォーター】【ピンクイオン】を万全に準備して、いざ、市民大会準々決勝です。
相手は第1シード、シーソーゲームになりタイブレークに突入。
なんとかタイブレーク7-5で勝利。
準決勝は6-4、決勝は6-2で優勝することができました。
その後、空きコートでさらに2試合、合計でこの日は5試合やりましたが、スマッシュウォーターとピンクイオンのおかげで、体はなんともありませんでした。
体力の心配がないと気力も充実してくるものですね。
今回はH君の爆発的なフォアハンドが炸裂し、優勝することができました。
H君がフォアハンドを吹かしても、「いいよ、いいよガンガン打ってこう、楽しくやろうよ」と気分をのせることに気をつけました。
どうしても、勝ち上がるごとに緊張感が増して、萎縮してしまいますのて、ミスしてもOK.OKでいったのが良かったと思います。
来年はAクラスに上がりますので、どこまでできるかたのしみです。
H君ありがとう。そして、【エネルギーゼリー】【スマッシュウォーター】【ピンクイオン】ありがとう!
ぜひみなさんも、『道具』だけでなく、その道具を操る『自分』にもフォーカスしてみてはいかがでしょうか?
*ピンクイオンはウインザー各店にて取り扱っております。
【GEEK通信】「40オーバーのややお疲れの方にオススメラケット」
2017/09/21
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている、
Nが担当いたします。
第3回は「40歳以上で少しパワーダウンを感じ始めた方にオススメのラケット」
本題に入る前に少し余談を。
ゴルフにハマっていた20年前、キャロウェイのグレートビッグバーサと言うドライバーに憧れていました。
美しいフォルム、最先端の機能、すべてが理想のクラブでした。ドライバーを買うか買わないか悩んでいた時に、ビゲストビッグバーサと言う新製品が発売されました。
名前の通り、当時としては最大のヘッド体積(300cc)を持ったドライバーです。
もう迷うことなく手に入れました。あれから20年、現在のドライバーの体積は460ccが当たり前です。
今、ゴルフに行ったらきっと、ビゲストビッグバーサはスプーンに見えることでしょう。
ちなみに、ゴルフ雑誌の企画でビゲストビッグバーサと現在のドライバーと飛距離の比較をしていました。
やっぱり最新のドライバーの方が20ヤード飛んでました。 なんでこんな話をしたかというと、道具を使うスポーツはルール上許される限り、進化するということです。
ゴルフ、テニス、スキーは間違いなく20年前と比べ確実に進化しています。
40年前のテニスラケットはウッドでした。
それから、【スチール→アルミ→グラスファイバー→カーボン】と変遷しています。

素材の強度が上がると、設計上の自由度が上がります。
ゴルフもそうですが、道具が進化すると、その競技に必要な技術が簡単になります。
フェース面積が大きくなると、スイートスポットが広くなり、ミスヒットが少なくなります。
重量が軽くなると、操作性が良くなり、振り遅れが減り、スイングも速くなります。
初心者から中級者は間違いなく上達が早くなります。 しかし、問題もあります。
上級者になると、対戦する相手のボールの威力も増してくるので、ラケットが軽すぎると打ち負けてしまうのです。
トッププレーヤーのラケットは特注で重たくしていることがほとんどで、さらに重りを貼っている選手もいます。
スイングスピードが遅くならない程度で重たくするのはいいのですが、一般プレーヤーは300g以上にすると、振り遅れや疲労、テニスエルボーの原因になることもあります。
また、上級者になるとスイートスポットの広さよりも芯を捉えた感触を重んじる傾向があり、フェース面積も100平方インチで十分なのです。 復活を遂げたフェデラーはインタビューで、90平方インチから97平方インチに変えたことは大きなことだったと語っているように、小さ過ぎるとミスが増え、パワーも出づらくなります。 ここ10年くらい、300gが男性の平均でしたが、道具の進化の過程からもわかるように、最近は280g前後の重さで打ち負けないモデルが徐々に出てきています。
スリクソンレヴォCX4.0(285g)は大変完成度の高いラケットになっていて、300gのラケットにも全く引けをとりません。
打ち負けることもなく、逆にスイングスピードは上がり、苦しい体勢からでも威力のあるボールが打つことが可能です。
さあ、いよいよ試打のレポートに入ります!
今回、試打したのはEゾーン100のLG(285g)タイプウルトラ 100L(277g)です。
ヨネックス Eゾーンウイルソン ウルトラ、は大ヒットした前作からの後継機になり、期待が持てます。 初めの練習で、ウルトラ100Lを使ってみたところ、フィーリングが良かったのでそのまま試合にも使用してみることにしました。
特にボレーのタッチが凄くよく、対戦相手のYさんも「ボレー良さそうですね、ミス0ですね。」と開始前のトスの時に言ってきました。
確かに、練習のときはミスをしていませんでした。ボールの食いつきがいいのでローボレーも簡単に持ち上がります。
ところが、試合に入ると自分のサービスの調子が悪く、ダブルフォールト3本で落とし、Yさんにキープされ、またまたサービスを落とし、気がつけば一度もボレーをすることもなく0-3です。
一度My ラケットのレヴォCX4.0に持ち替えました。
なんとかタイブレークまで持ち込み、タイブレークも序盤は劣勢でしたが、今日は粘りがあり、タイブレーク7-5でファーストセットを取ることができました。
セカンドセットは、Eゾーン100とウルトラ100Lで戦い、4-2で時間切れになってしまいましたが、セカンドセットでは十分に試打ができました。
Eゾーン100(LGタイプ)は前作同様、打球感はマイルドで食いつきがよく、しなりがあり、ストロークを押している感じがあり、フラット系の伸びるボールが深く入っていました。リターンもきっちり入り、軽量モデルのデメリットは感じませんでした。
ウルトラ100Lは、じっくり使ってみるといいラケットで、ストロークよりボレーの打ちやすさが光ってました。
アングルボレー、ドロップボレー、深いボレーと距離感がわかりやすくネットに出る不安感はありません。
ストリングはミクロスーパーが張ってあったので、バボラアディクションなどのマルチフィラメントを張ると、球持ちが良くなり、粘りのあるプレーも可能になるでしょう。
今回試打した2本は、ともに黄金スペックのやや軽量の、プラチナスペックと呼ばれるモデルでした。
285gと277gで打ち負けないか心配でしたが、まったく問題ありませんでした。
それよりも、操作性かいい、疲れない、ネットプレーの反応がいいなどのメリットがありました。

40歳以上の方で、最近サービスゲームが辛い、ネットプレーの反応が悪くなった、ゲームの後半動きが落ちるなどの悩みがある方は是非チャレンジして見てください。
【GEEK通信】「HEADのパワー系モデル NEWエクストリームをレポート!」
2017/09/14
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている、
Nが担当いたします。
第2回目は、HEAD エクストリームの体感レポートです!
ヘッドの中では、フレーム厚が最も厚い26mmのパワー系モデルです。
プレステージ<スピード<ラジカル<インスティンクト<エクストリームの順に厚くなっていきます。
このスペックはピュアドライブを筆頭に黄金スペックと呼ばれ、各メーカーが凌ぎを削るライバルが混在する大変なカテゴリーです。
その中で、エクストリームは存在感を維持しています。
2007年に初めて登場したときは、295g/325mm/27.25インチと微妙に黄金スペック(300g/320mm/27インチ)からずらしていました。
今回もまた、微妙に黄金スペックから外れています。
300g/27インチなのですが、バランスが325mmなのです。
フレーム形状も新しいモールドを採用していますが、一番目を惹くのが、トップ部に採用した「ファネルグロメット」で、ストリングの可動域を大きくし、トランポリン効果でスイートエリアを上方に拡大しています。 今回は入間市の4時間ダブルスのオフに参加して、エクストリームMPの試打を行いました。
NEWエクストリームの特徴は『打球感』
歯切れのいい打球感は音にすると「ギュギューン」といった感じです。
音がいいと気持ちよくなります。気持ちよくなると、動きもよくなって相乗効果が生まれます。
325mmとややトップヘビーのため、ストロークのパワーが強く、始めのうちは、アウトボールが多めでしたが、「ファネルグロメット」のおかげで、スピンをかけると、かなり落ちてくれます。
パワーがありながら、スピンがかかるので、バウンド後の弾みは高くなり相手のボールは浅くなることが増えました。 ゲームが始まり、まずはmyラケットのREVO CX4.0で数ゲームプレーしました。
テニスオフですので、ほとんどの方は初対戦です。
数ゲーム行い、周りの方には大体私の実力が知れ渡りましたので、ラケットをエクストリームMPに持ち替えて、自分のサービスゲームに向かいました。
フラットでセンターに打ったサービスがノータッチエースになり、周りの方からどよめきが起こりました。
明らかに、さっきよりサービスのスピードが速くなっていたからです。
…実は、自分もどよめいていました。
インパクトの手応えが明らかに違っていて、フォロースルーが大きくなっている感じを受けます。
その後はずっとエクストリームMPを使用しました。
最後に参加者全員の勝率を出すのですが、7人中なんと1位でした。
ヘッドエクストリームMPは、パワーとスピンが両立した爽快感抜群の仕上がりでした。
黄金スペックではありながらも、アクセントを効かせている『HEAD NEWエクストリーム』をぜひ試してみてください!
【GEEK通信】「ピュアドライブ2018を実践で使ってみました」WINDSOR NEWS の新コーナーとして、『テニスGEEK通信』をスタートいたします。
2017/09/09
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている、
Nが担当いたします。
テニスに関するあらゆる情報を面白おかしく、内容は真剣にお伝えしていきます。
ぜひ楽しんでご覧いただければ幸いです。 *** NEWピュアドライブを実践で使ってみました ***
記念すべき第1回目は、やはりこの話題のラケットから!
ピュアドライブのNEWモデルが日本先行で発売されました。
ピュアドライブといえば、テニスコートで一番見かけるラケットです。それもそのはず、日本では今作で7代目となりました。 (海外では9代目)
日本デビュー後、私もすぐに飛びつき、ノーマルのタイプと0.5インチロングの「プラス」と2本同時購入という常識を超えた2本組で使いまわしていました。
その当時は、男性はフレーム厚が22mm前後の薄めのものを使うのが一般的で、ウエイトも310g~320gが平均でした。
ピュアドライブはフレーム厚が26mm、ウエイトが300gとそれまでの常識からいうと、女性向きラケットのスペックに近く、簡単、楽々な印象でした。
ところが!
当時ナンバー1になったモヤ選手や、売り出し中のナダル選手がピュアドライブを使用しており、ハードヒットできる簡単ラケットが誕生したのです。
フェース面積100平方インチ、ウエイト300g、フレーム厚26mmの3つが揃うラケットのことを、当時のテニスジャーナルの松尾さんが綺麗な黄金比率を持ったラケットということで、「黄金スペック」と呼び、それが現在まで一般の方たちまで浸透しています。
ではなぜピュアドライブは、爆発的にヒットし、現在でも売れているのでしょうか? その一番の理由は、140年以上ストリングを製造しているバボラが作ったからというのが理由です。
ピュアドライブに搭載されたウーファーグロメットは、ボールが当たるとその部分だけ凹むように工夫されており、スイートスポットの拡大により、パワーロスが減り、大幅にミスショットが減りました。
また、凹んだストリングとボールとの接触時間も長くなり、スピン性能が格段にアップ。
26mmもあるとパワーが出過ぎてバックアウトしてしまうという常識をスピン性能をアップさせることで、覆したのです。
フレーム厚を厚くしてパワーを上げるとコントロールが難しくなり、フレーム厚を薄くしてコントロールを上げるとパワーは出づらくなるという常識を、ストリングの性能を引き出すことで、不可能を可能に変えてしまったのです。 それでは、7代目ピュアドライブはどのように進化したのか、実践でどのように生かされるのか、試合をやりながら探っていこうと思います。
今回用意したのは、300g、27インチ(先行発売のため、プラス、チーム、ツアーは後日発売予定)のノーマルピュアドライブに、エクセル130を53/53で張ったものです。
本来なら45/45で張りたいところですが、試打用なのでこのセッティングで試してみたいと思います。
今日は、4人で4時間シングルスのテニスオフに来ているのですが、主催者の方が急な仕事が入ってしまい、3人で2ラウンドやることになりました。
《メンバーの特徴》
★Aさんは、フォア・バックともにグリグリのトップスピンで、ややムーンボールぎみのボールを深く入れてくる40代のストローカーです。
★Bさんは、ボールの威力はないものの、脚力があり、とにかく拾いまくる40代のシコラーです。
ちなみに、私はプレースタイルはスライスサービスを軸に隙あらばネットに出るタイプで、ストロークはフォアはフラットドライブ、バックはスライス中心にたまにフラットドライブです。
ラケットは一巡目はピュアドライブで、二巡目をスリクソン REVO CX4.0(285g、100平方インチ、フレーム厚24mm)で戦う予定です。
*****************************
サービス練習4本で、Aさんと試合です。
リターンを取ったのですが、自信を持って打ったショットがことごとくバックアウトし、相手にキープされました。
NEWピュアドライブの第一印象は『パワーが凄い!!』
パワーの凄さはサービスゲームでは、プラスに働き、ボレーも一発で決まり、こちらもキープです。
ストリングのテンションが硬いせいか、スピンが思ったほどかからず、気持ちよく振り抜くとバックアウトすることがやはり多く、1-2となりました。その後、ラケットにも慣れて来て6-2で勝利しました。
勝利の原因はフォアストロークのスライスです。
ボールがバウンド後、伸びがあり、リターンからフォアスラで、ネットに出まくりました。
ボレーのミスは0本、フォアスラノータッチエース2本となりました。(普段はフォアスラでノータッチエースはありません)
*****************************
パワーをとても感じるピュアドライブは、スマッシュでも大いに力を発揮!
連続でBさんとの試合です。
拾いまくるBさんには、一発のエースで決まることはなく、ボレーをしてもロブで返ってきます。
高く上がったロブがベースラインギリギリに入り、普通なら、ストロークで返すところですが、この時は強気にグランドスマッシュをストレートに打ち、まさかのノータッチエース!!自分の想定を超えてスピードが出ていました。結果は6-1で勝利!
二巡目はREVO CX4.0に持ち替え、6-4、6-3でした。
いつも使っているお気に入りのREVO CX4.0ですが、この日はピュアドライブの圧倒的なパワーの印象が強く残りました。
---------------------
NEWピュアドライブは、機能面ではFSIパワーコアテックスピュアフィールが新しく採用されました。 FSIパワーには、パワーを上げる工夫が3つ集まっています。 ①ストリングパターンを上下左右に広げる
②グロメットを6角形にする
③空気抵抗を軽減するバンパーを採用する この3つの工夫で総合的にパワーアップを図っています。
今回の改良で一番効果を感じるのは、「コアテックスピュアフィール」で、バボラ自慢のコアテックスを排除し、他の企業が開発した衝撃吸収システムを採用しています。
実は、マイラケットとしてバボラを使用したのは、2度でその2度ともテニスエルボーになり、使用を辞めざるを得ませんでした。
初代ピュアドライブとピュアアエロを使ったのですが、テニスの調子は非常によくなり、絶好調といっていいレベルだったと思います。
ところが、調子に乗りすぎたのか、肘が悲鳴をあげたのです。 今回の「コアテックスピュアフィール」の効果は、腕にくる負担を軽減してくれて、打球感をマイルドにしてくれます。
過去のフィーリングと比べると、プレー後の肘の痛み怠さが少ないように感じました。 前作のピュアドライブに比べ、パワーアップはしているものの、打球感は柔らかく感じ、食いついた後に弾き出す感覚がしました。
弓を引いて矢が飛んでいくようなイメージで、その効果が一番感じられるのが【ボレー】です。
今回の2試合で10数回ボレーしたのですが、ミスショットは0で、相手のミスを誘ったボレーやノータッチエースが多数ありました。
肘への不安がなくなり、カッコイイデザインとくれば、買うしかないのですが、285gのピュアドライブチームも気になります。
ぜひ新しいピュアドライブを試してみてください。