ウインザーテニスバーゲン特設サイトにて事前入場予約受付中。

新着記事
ブログTOPページは「こちら」
 
【GEEK通信】「ラケット選びはスイングウエイトが大事です。もっと大事なのは自分の感覚です。」
2019/05/23
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
中居が担当いたします。
-------------------------------
「ラケット選びはスイングウエイトが大事です。もっと大事なのは自分の感覚です。」
皆様は、ラケットを選ぶときに何を意識して選んでいますか。
ウエイト、バランス、スイングウエイト、グリップ形状、塗装の仕上げetc。
もちろん気にしないという方もいらっしゃると思いますが、グリップを握ってみたり、軽く振ってみると1本1本違うことが分かると思います。
始めに申し上げますが、自分の感覚が一番大事です。
人間の持っている感覚はどんな精密機械よりも敏感で正確です。
グリップを握って振ってみるだけで、
グリップの太い細い、グリップの八角系の形状の違い、重い軽い、トップヘビー、トップライト、もしかしたら空気抵抗もわかるかもしれません。
スイングした時の音の違いもわかるかもしれません。
人間は五感を使って総合的に判断できるのです。

ですが、直感で選べなかった場合に悩み出すことがあります。
この時はウエイト(静止重量)、バランス、スイングウエイト(動的重量)を計測してみましょう。
ラケットに刻印されているウエイト、バランス(プリンスはスイングウエイトも刻印されています)はあくまでも平均を記載しており、プラスマイナス5くらいの誤差があることを認識いただければと思います。
ウエイトはボールの威力に直結する非常に重要なファクターです。
スイングスピードが一定ならば重たければ重たいほど威力が出ます。
相手のボールの威力を利用してコンパクトに振るプレーヤーは重い方が良く、
相手のボールに関係なく自分自身のスイングを速くして打つプレーヤーは、重た過ぎない方が良いということになります。
引退した伊達公子氏のラケットが数量限定で発売されましたが、なんとウエイトは355gでした。
バランス302mmから予想できるスイングウエイトは320前後でしょうか。
伊達公子氏の打ち方は、相手のボールの威力を利用して小さなテイクバックからライジングで打つ打法でした。
スイングを速くすることよりも、ラケットの重量で威力を出す選手と感じました。
実際には、人間のスイングスピードは一定ではなく、ショットによって異なりますし、前半のプレーと後半のプレーでも変わっていきます。
ちなみに「ウエイト×スイングスピードの二乗」にボールの威力は比例していきますので、 スイングスピードに影響を与えるほど重たくしてしまっては元も子もありません。
気持ちよく振れるギリギリ重たいものがベストウエイトになります。
私は現在255gのラケットを使っていますが、それまでに使っていた285gより、サービスが10km速くなりました。 これはラケットを軽くしたことによりスイングスピードが速くなったためです。
ラケット選びで重要な要素は
スイングウエイト > ウエイト > バランス
になります。

テニスのスイングはほとんどがグリップを支点に動いています。
静止重量(ウエイト)より動的重量(スイングウエイト)が重要なのです。
先日オーストラリア在住のSさん(日本人女性)がラケットを2本持って来店されました。
調子の良い1本は折れてしまっていて、同じラケットを使っているのですが、残りの1本はなぜか調子が良くなく、 「きっとスイングウエイトが異なるのでは?」
と、わざわざ日本に持参したのでした。
オーストラリアではスイングウエイトを測る機械を見たことが無いそうです。
計測の結果は、ウエイトはほぼ同じでしたが、スイングウエイトが10以上違っていてまるで別物でした。
折れている方に近いスペックをスイングウエイト重視で計量し、見つけたときは大喜びでした。

スイングウエイトは280~290が平均的で、290以上は体力のあるプレーヤーに向いています。 280以下は操作性重視のプレーヤーに向いています。
また、2本同じラケットを揃える時は、なるべく近いスイングウエイトを選びましょう。

下記の画像は、スイングウエイト、ウエイト、バランスを計測できる機器です。
※ウインザーラケットショップ各店に常設しております。
もし、ご来店時に近いスペックが見つからなかった時は、
ウインザー11店舗の在庫の中から探すことも可能ですので、ご遠慮なくお声をお掛けください。
あなたは現在使っている自分のラケットのスペックをご存知ですか。
ガットが無い状態でお持ちいただければ、簡単に計測することができます。
張り替え時に計測することもできますので、是非ご用命ください。