秋冬ウエア ファイナルセール開催中(2/14迄)オンラインショップ(自社のみ・要ログイン)及び実店舗でセールウエアが更に10%OFF 

新着記事
ブログTOPページは「こちら」
 
【GEEK通信】「NEWプロスタッフ97CV と NEWプロスタッフ97Lはフェデラー選手監修の仕上がりです」
2018/07/13
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
中居が担当いたします。
-------------------------------
「NEWプロスタッフ97CV と NEWプロスタッフ97L はフェデラー選手監修の仕上がりです」
私が45歳の時、ベテランJOPに挑戦し、何度もAさんに当たりことごとく跳ね返され、JOP挑戦はまだ早いとあきらめた苦い思い出があります。
そのAさんと前回負けているBさんとの3人総当たりガチンコシングルスにNEWプロスタッフを持参しました。
プロスタッフ97CVとプロスタッフ97Lは昨年の2017年秋に発売されたばかりの新しいモデルですが、早くもモデルチェンジです。
その訳はフェデラー選手が使うプロスタッフRF97がモデルチェンジ(こちらは2年経過のため)のため、同じシリーズのラケットのため異例の早期仕様変更になったのです。
完成されたモデルだと思っていたのですが、まだ改良の余地があったようです。
たったの0.3ポイントだけ、フェースに柔らかさを持たせた改良と、オールブラックだったデザインをブラック&ホワイトにし、シャフト内側にフェデラー選手の似顔絵があったところに大きめにフェデラー選手のサインが入っています。
フェデラー選手曰く
「Make it Minimal, but make it Significant (それはとても小さいことだ。しかし、それがとても大切なことなんだ)」 たった0.3ポイント、1000分の3のこだわりが勝敗を分けるのでしょう。
素材は一切変えていませんので、シートの重ね方や角度で変えているのでしょう。
ちなみに、今回もCV(カウンターヴェール)は採用されていません。
さらに、CVが使われていたプロスタッフ97Lにも、「女性やジュニアには高反発で歯切れのいい打球感がいいよ」と言うフェデラー選手の進言から、CVを取り去り、ハイパフォーマンスカーボンファイバーを使う改良を加えました。
振動止めも付けないくらいですから、芯を捉えたフィーリングと芯を外したフィーリングを全てありのままで感じたいのではないでしょうか。
シングルス4時間の試合ですので、340gのRFは今回は持っていきませんでした。
今回取り上げるのは、NEWプロスタッフ97CV と NEWプロスタッフ97Lです。                           *NEWプロスタッフシリーズ 33度の炎天下の中、AさんBさんそれぞれ2セットずつ行う予定でスタート。
1セット目をプロスタッフ97CVで行い、2セット目をプロスタッフ97Lで行いました。
Aさんとは、4-6、6-3
Bさんとは、6-5、6-1
まずまずの結果だったと思います。
プロスタッフ97CVでは、4-6、6-5
プロスタッフ97Lでは、6-3、6-1
ラケット目線にはなりますが、プロスタッフ97Lの方が結果が良く、自分に合っているようでした。
33度の炎天下ですので、なるべくロングラリーを避け、早めにネットに出ました。
サービス、ボレー、スマッシュは、プロスタッフ97Lが良く、290gでフレーム厚23mmがドンピシャでした。
前作の97L CVに比べて、攻撃性が上がっています。
ジュニアや女性だけじゃなく一般男性にも丁度良いセッティングです。
個人的に打球感は前作のCV入りの方が余韻が少なく好きなのですが、ボールの威力はNEWタイプの方があります。
プロスタッフ97CVは、0.3ポイント柔らかくなり、パワーというよりかは、コントロール性能が上がり、ラケットにパワーは求めず、プレースメントで勝負する方にはオススメです。
今回持参しなかったプロスタッフ97RFですが、
よしもとクリエイティブエージェンシー所属のボルグものまね芸人の バモス!わたなべ さんに試打していただいたので、感想を聞いてみましょう。             <右>よしもとクリエイティブエージェンシー所属のボルグものまね芸人
---------------------
中居「新しいフェデラーモデルはいかがでしたか?」
バモスさん「いやーよかったですね」
中居「いつもはウッドを使っているんですか」
バモスさん「ドネーはネタで使っています。普段はブレード98の18×20です。」
中居「重たくなかったですか」
バモスさん「全然大丈夫です。このくらいの重さが丁度良いです」
中居「前作と比べて何か違ってましたか」
バモスさん「微妙な違いはわかりませんが、ボールの食いつきが良くて、スピンがよくかかりました。次はこのラケットにすると思います。」
中居「それじゃあ、ロジャーフェデブーですね」
バモスさん「それ、いいですね」                           *ウインザー池袋店にご来店下さいました♪
---------------------
今回のNEWプロスタッフはわかる人にはわかる改良ですが、まったくわからなくても大丈夫です。
元々完成されたラケットですから、デザインチェンジだけでもとても価値があります。
個人的な予想ですが、フェデラー選手が40歳になるころには、もう少しフェースが大きくて、もう少し軽量なラケットに変えて行くのではないでしょうか。
46歳まで現役で頑張っていただきたいと思います。