オンラインショップでは3,980円以上ご購入で「送料無料」です。

新着記事

店舗情報
【GEEK通信】「6代目スピードは負け知らず、スピード好きも納得の仕上がり」
2018/05/24
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
中居が担当いたします。
-------------------------------
実はわたくし、スピード好きなんでんです。
スピードと言っても、ヘッドのラケットのことです。
N・ジョコビッチ選手(セルビア)がヘッドと契約して、開発された初代スピード「ユーテックスピードMP16×19」はマイラケットとして永く使用していました。
ヘッドには他にも、プレステージシリーズやラジカルシリーズなど歴史のあるラケットがあるのですが、どうしても扁平なグリップ形状に馴染むことができませんでした。
ですが、スピードのグリップ形状は他社のラケットメーカーと同じ8角形になり、性能良し、デザイン良し、グリップ良しのベストなラケットになりました。
スピードシリーズ5代目となる「グラフィンタッチスピードMP」が発売される前に、契約コーチにのみ真っ黒な試打用ラケットが配られていました。
私は、どうしても打ちたくて、知り合いのコーチに頼んで、所属クラブまで打ちに行ってしまいました。(それ程スピード好きなのです。)
今回6代目の【NEW スピード】が発売予定となり、私中居は【黒塗りのテスト用ラケット】を手に入れることができたのです。 試打用セットの中には、黒塗りラケット、テスト用ストリングが2張り、ラケットバッグが入っていました。
テスト用ストリングは、マルチフィラメントのリフレックスMLT16とポリエステルのリンクスがあり、迷わずリフレックスMLT16を48ポンドで張り上げました。
張っていると、何故かいつものスピードを張るより、スムーズに張れる気がしました。 試打は4時間ダブルスのテニスオフで決行しました。
ウォーミングアップでは、振動止めをせずに打ったのですが、気になる振動自体は無く、良い感じです。
4試合すべて勝利したところで、重さによる疲労を感じたので、いつものレヴォCS10.0に持ち替えたところ、バックアウトのミス連発であと1ゲーム取られると敗戦になる自分のサービスで、改めてスピードに持ち替えました。
そこから3ゲーム連取して、なんとか連勝を5に伸ばし、最後の試合も勝って6戦全勝でした。
『NEWスピード』は、前作よりも飛びそうな、、、そして柔らかい打球感を覚えました。とにかく球持ちが長く、懐深く打てました。 ボレーのコントロールがよく、ドライブボレーの機会が数回あり、すべて決まりました。
リターンの精度も高く、サイドを抜いたり、足元に沈めたり自在にできました。 なんといっても全試合勝利できたように、安定感が抜群でイージーミスは数本でした。
パワー性能、スピン性能もあり、振動吸収性能も高いです。そしてコントロール性能を大きく感じました。
発売日、価格、デザインは未定ですが、お小遣いを用意しておいた方が良さそうです。