オンラインショップでは3,980円以上ご購入で「送料無料」です。

新着記事

店舗情報
【GEEK通信】「初心者の方でも大丈夫。テニスを観る時に、まずコレだけ注目すれば楽しくなるポイント」
2018/05/03
-----------------------
■テニスGEEK通信(TENNIS GEEK NEWS)とは テニスギアの「モノ」や「コト」を、深堀し、マニアックに、
そしてGEEK(ヲタク)にお届けするコラムです。
-----------------------

テニスに関する仕事をして、30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っている
中居が担当いたします。
-------------------------------
「初心者の方でも大丈夫。テニスを観る時に、まずコレだけ注目すれば楽しくなるポイント」
4月、錦織選手がモンテカルロマスターズ大会では惜しかったですね。
決勝戦では、R・ナダル選手(スペイン)に敗れ、準優勝でした。
この大会では、T・ベルディヒ選手(チェコ)、D・メドベージェフ選手(ロシア)、A・セッピ選手(イタリア)、M・チリッチ選手(クロアチア)、A・ズベレフ選手(ドイツ)、R・ナダル選手(スペイン)と対戦。
非常にタフなドローでした。
全ての試合を観ましたが、錦織圭選手のイマジネーション溢れるプレーが満載でした。
特に凄かったのが、準決勝のA・ズベレフ選手との試合で見せたバックバンドのジャックナイフと見せかけてのドロップショットは、素晴らしかったです。
ところで、最近テニスは【やるスポーツ】から【観るスポーツ】に広がりをみせていることをご存知でしょうか。
野球・サッカーは、かなり前から、観るだけのファン、サポーターがついていますが、テニスも錦織圭選手の活躍をきっかけに増えているのです。 私の知り合いの女性は、テニスをほとんどやりませんが、観るのが好きで海外まで行ってしまう方がいます。
この方と選手の話をすると延々と続きます。
*どちらかがネットに出たときは何かが起こる
テニスという競技は圧倒的にサービス側が有利です。
お互いにサービスをキープし続けると、悪くてもタイブレークまでいきます。
そこで注目して欲しいのが、
0-40や15-40となったときの攻防です。
サービス側はブレイクされないように、必死です。
レシーブ側は滅多に無いチャンスですから、もっと必死です。
もし、セカンドサービスになったら、レシーブ側は、今までとは違うことを仕掛けてくることも多いです。
ここ最近のテニスは、ラケットの進化やストローク技術の進歩で、ネットプレーが少なくなってきているような気がします。 迫力あるストロークシーンはもちろん面白いのですが、ただエキサイティングなシーンは、ネットプレーから生まれることがよくあります。
パッシングショット、トップスピンロブ、ジャンピングスマッシュ、ダイビングボレー、又抜きショットなどストローク合戦では起こらないことが、ネットに出ると起こりますので、どちらかがネットに出たときは何かが起こると思って目を凝らしてみてください。
*プレーだけではなく、選手が使用するラケットやシューズにもご注目
当然トッププロのプレーを観るだけでも、興奮したり、感動したりもするのですが、私は選手の使用するラケットやシューズにも注目して観ています。
特にシーズンの始めの1月の試合では、契約メーカーが変わったり、新しいラケットやウエアにチェンジしていることがよくあります。
2年前だったと思いますが、錦織圭選手の試合を観ているときに、スーパースロー映像が流れ、映っているストリングに釘付けになりました。
これまでは、縦に4G横にナチュラルのハイブリッドだったのですが、縦にナチュラル横に4Gになっていることを発見したのです。
鳥肌が立ちました。
ストリンガー以外、まだ誰も知らない事実を見つけた嬉しさは格別です。
*海外の選手の試合を生で観られるのは、10月に開催される楽天ジャパンオープンしか現在のところありませんが、テレビやスマホでも観ることが可能です。
BSやWOWOWではマスターズ1000やATP500の大会を放送しています。
私が普段から使っているツールは、【WOWOWオンデマンド】【ATP/WTA LIVE】アプリです。
【WOWOWオンデマンド】は、ライブ配信や見逃し配信が観れる大変便利なツールです。
WOWOWに入会すれば、オンデマンドは無料なのですが、5月現在、WOWOW未入会の方でもWEB会員登録をすれば無料で観れるキャンペーンを開催中です。
【ATP/WTA LIVE】は、大会の結果をLIVE配信してくれたり、試合結果のスタッツをみれたり、これから対戦する選手のデータが見れたりする大変便利なアプリです。 錦織圭選手、杉田祐一選手、大坂なおみ選手、マクラクラン勉選手の活躍で、映像で観られる機会が増えています。
全仏オープン、ウィンブルドン、全米オープンとグランドスラムが続きます。 皆さん寝不足にはご注意ください。