【2/25~2/28まで】ウインザー大感謝祭・『店内全品ポイント10倍』店舗とオンラインショップにて。

新着記事
ブログTOPページは「こちら」
 
【GEEK通信】「ヘッドグラフイン360 スピードMPライトを試打」
2018/07/05
「ヘッドグラフイン360 スピードMPライトを試打」
ヘッドから新しいスピードが発売されましたが、「グラフイン360スピードMPライト」という今までにないスペックのラケットが追加されました。
重量275gでバランス330mm、フレーム厚23mmなのです。 このシリーズには「グラフイン360スピードS」があります。
重量285g、バランス320mm、フレーム厚25mmで、パワーがあり軽量で扱いやすいモデルとして定番アイテムです。                       <左>スピードS<右>スピードMPライト
「グラフイン360スピードMPライト」と「グラフイン360スピードS」をオンコートで比較してみました。
スイングウエイトはどちらも275で、シンセティックPPS130を46ポンドで張り上げました。
スピードMPライトは、振り抜きがよくスピンもよくかかり、ウォームアップでは良い感じでした。
ゲームでも使用してみましたら、特に良かったのが、サービスとスマッシュです。
自分から思いっきりスイングできるので、気持ち良いくらいにキレのあるボールが打てました。 特にスマッシュは、ノーミスでした。
ストロークについては、「スピードMPライト」はフレーム厚が23mmで「スピードS」の25mmより、薄く、飛びは抑えられるはずです。
スピンはよくかかり申し分無いのですが、私はスイングスピードがあまり無いので、途中失速して浅いボールになることもありました。
「グラフイン360スピードMPライト」は、重量のあるラケットを振るのが苦手な方で、それでもスイングスピードを上げて攻撃的に打ち合うストローカーがターゲットではないでしょうか。
例えば、ジュニアの女の子でフラットのスピードボールをバンバン打ち込む方や、ベテラン男性でグリグリフォアハンドを打つ方で、バックハンド、サービス、スマッシュがちょっと苦手なプレーヤーに特にオススメしたいラケットです。 スピードSは重量285gで25mm厚ですので、十分パワーはあり、力まなくても深いボールを打て、打ち負けることもほとんどありませんでした。
少し軽めのスピードを使いたい方は「スピードS」をオススメします。
今回は特別編でシューズも試してみました。↓↓↓↓ 普段は、アシックスのゲルレゾリューション7を履いているのですが、ニューバランスMCO896をテストしてみました。
ゲルレゾリューションシリーズは重量はありますが、ガッチリと足をホールドし、左右の動きのロスを少なくしたモデルです。
ニューバランスMCO896は、対照的に軽量で動き出しを早くし、1歩目の動きに違いが出るモデルです。
28cmで約360gと超軽量で、サービスからファーストボレーへのステップがスムーズで、ポーチに出るふりをしてからのポーチとか前衛の動きに良さを感じました。
また、炎天下の中4時間プレーしたのですが、ランニングシューズ並みのメッシュアッパーのため、通気性抜群で蒸れることなくとても快適でした。 ダブルス好きの方にオススメの一足です。